ミュゼの昆虫図鑑


2016年3月18日(金)よりクレド3階へと移転されるart space MUSEEさんでリニューアル後初の展示がスタートします。
ミュゼの昆虫図鑑
会期 2016年3月18日(金)〜4月10日(日)
会場 art space MUSEE
住所 〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1丁目8-45 クレド岡山3F
時間 10:00-20:00
アクセサリー、オブジェ、食器 etc…様々な作家さんの昆虫をモチーフにした作品が並びます。
MILBOOKSは関連本115冊を出品しております。皆様ぜひお越し下さい。

by MILBOOKS

2016.03.17 │ Exhibition

Paris, Nobody Knows「だれも知らないパリ」展

Paris, Nobody Knows「だれも知らないパリ」展
5月22日に鏡野町でオープンしたギャラリー ELEKTROKARDIOGRAMM(エレクトロカーディオグラム)の企画に関連書籍を出品します。
Paris, Nobody Knows「だれも知らないパリ」展

参加予定作家(順不同):am Landscape(陶磁器)、福永望(写真)、中神牧子(ガラス)、中野由紀子(ガラス)、オカベマキコ(ガラス)、津守秀憲(ガラス)、光井威善(ガラス)、東穂高(ガラス)、廣瀬絵美(ガラス)、盒兇罎蝓奮┣茵法naomi water ceramic art(陶磁器)

◆フランスの首都であり、芸術の都と称される「パリ」。その「パリ」という都市、言葉、イメージから想起された作品を展示(販売)いたします。様々な言葉で綴られた、私的なパリへの手紙のような展示になればとおもいます。複数の招待作家たちの異なる視線が交差する架空の「パリ」を通して、異国の都市へ想いを巡らすひとときをお楽しみいただきたいです。

◆今回の展示に関連した書籍を MILBOOKS(岡山市)さんにセレクトしていただき、ギャラリーに並べます。パリやアートに関連した興味深い本を楽しめるようにいたします。また、ANTONYM(岡山市)さんからも、ヴィンテージの小物やアクセサリーを出品していただきます。わたしがほんとうに好きなショップが参加してくださいます。こちらも併せてお楽しみください。

会期 2015年10月10日(土)〜25日(日)
会場 ELEKTROKARDIOGRAMM エレクトロカーディオグラム http://www.elektrokardiogramm.net/
住所 〒708-0323 岡山県苫田郡鏡野町寺元165-5
時間 11:00-18:00
休廊 10月13日(火)、19日(月)
電話 0868-54-0120 (展覧会会期中限定)

(以上、DMをもとに情報提供しています。詳しくは、ELEKTROKARDIOGRAMMサイト http://www.elektrokardiogramm.net/ をご確認ください。)
ただいま選書中ですが、いまのところ約50冊ほど、増やすか減らすかもう少し悩んでみます。会期中には一度会場にも出かけていく予定。みなさまどうぞよろしくお願いします。

by MILBOOKS

2015.09.26 │ Exhibition

猫の祭展「にゃんダフルサマー イン クレド」



8月20日より岡山市内15店舗で猫をテーマにした展覧会を開催するイベント「猫の祭展2015」が始まります。

会期 2015年8月20日(木)〜9月20日(日) 会期中無休
会場 art space MUSEE
住所 〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1丁目8-45 クレド岡山2F
時間 10:00-20:00

MILBOOKSでは、クレド岡山のart space MUSEEさんに関連本の出品で協力させていただきます。皆様ぜひお越し下さい。

by MILBOOKS

2015.08.04 │ Exhibition

キノコ博覧会


クレド岡山2Fのart space MUSEEで開催される企画「キノコ博覧会」に作家さんの紹介で協力させていただきました。少しだけ本も出品しています。
キノコ博覧会 キノコ大好き人間集まれ〜!!

全国からキノコやキノコにまつわる作品、グッズ、Foodなどが大集合! 期間中クレド3Fのカフェ「ニックスタンド」で限定の美味しいキノコランチが食べられます。また、苔を使ったキノコ栽培ワークショップも開催。ワクワク楽しいひとときをキノコ博覧会で!

会期 2015年4月18日(土)〜5月10日(日)
会場 art space MUSEE
住所 〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1丁目8-45 クレド岡山2F
時間 10:00-20:00

育てる。
ワークショップ・「苔でキノコを育てよう」
第1回 4月26日(日)
第2回 5月2日(土)
時間 13:00-17:00(随時受付)
苔を好きな形に植えてそこにキノコ菌を。自分だけのキノコ世界を作りましょう。
講師 苔プロデューサー小竹規弘(ゆら水代表)
料金 3800(ケース付き)

食す。
ミツクラ農林のマッシュルームを使ったメニューを販売!
クレド3F ニックスタンド
11:00-18:00
マッシュルームのスープグラタンセット ¥800-
キノコサンドセット ¥600-

クロワッサンと焼き菓子「シャ・ノワール」
4月26日(日)限定!
キノコ博覧会オリジナル
キノコ菓子とキノコのキッシュ
2F MUSEEにて限定販売!!

参加作家・店舗 acco(布小物)、宇埜育子(ガラス)、江田明裕(ガラス)、神崎由梨(木彫)、K&S(アクセサリー・布小物)、毛玉ダイハチ(マグネット)、小竹規弘(苔)、suipa(ガラス)、角南育代(絵)、ズべ(鉄)、Dominique.K(布)、中野由紀子(ガラス)、NICONOTE(樹脂)、にっこ(樹脂)、はつ灯ので(キャンドル)、BABEL(アクセサリー)、福田十糸子(張り子)、細見博子(ガラス金属)、ho・ho・u*(ニット)、MIITO(植物、造形)、ミツクラ農林(マッシュルーム)、min mi(タティングレース)、Le miel(アクセサリー)、Lumiere Verre(ガラスアクセサリー)、吉田マリモ(布)、ヨシダコウブン(陶)、河童堂(活版印刷)

主催 細見博子+Musee de M
協力 BIMBO、pieni..、Gallery龍屋、ADUE TRISTESSE LOISIR、CIFAKA,Inc.、MILBOOKS
キノコ好きの皆様ぜひお越し下さい。

by MILBOOKS

2015.04.10 │ Exhibition

津田直 NAGA


再訪中の SAMELAND の様子とともに、写真家津田直より最新写真集と関連写真展のお知らせが届きました。『NAGA』は、前作『SAMELAND』に続く、フィールドワークから生まれた写真集の第二弾。到着が待ち遠しいです。
津田直 NAGA

密林に覆われた山道、丘陵に並ぶ竹で編まれた家々、鮮やかな色彩の民族衣装と入れ墨、闇夜の儀式、動物の顔が彫り込まれた木製ドラム、歌い踊る人影、跪き祈りを捧げる子供達…

撮影地となったミャンマー・ザガイン管区は、インドとミャンマーに跨るナガ族が暮らす地域です。奥深い山の尾根に住まう彼らは狩猟採集を中心とし、外の世界と距離を置き、独自の自然信仰を受け継ぎ生きてきました。

日々山の中を歩き獲物を捕らえ、逞しく暮らす彼らの身体性や身に纏う赤と黒を基調とした力強い色彩の布地などに惹きつけられ、津田は二度に渡りナガ族の土地を訪れることになります。

その中で津田は、近代化の流れを受けキリスト教文化へと変容していったナガ族の生き方と出会ってゆきます。古くはモンゴロイドに属するナガ族は、我々のルーツと照らし合わせてみても、案外かけ離れた存在ではないのかもしれません。

本展は、津田がミャンマー北西部で撮影した写真で構成される新作写真集『NAGA』の出版に合わせて開催される展覧会です。会場では写真集の先行販売に加え、オリジナルプリントの展示、会期中には作家によるトークショーも開催いたします。

前作[SAMELAND] につきましては、下記のリンクをご参照ください。
http://post-books.info/news/2014/1/9/exhibition-sameland

【展覧会】
会期 2015年2月3日(火)〜2月22日(日)
時間 12:00-20:00
会場 POST http://post-books.info/news/2014/12/17/exhibition-naga
協力 Taka Ishii Gallery Photography / Film、TCK

【レセプション】
日時 2015年2月3日(火) 18:30-20:30
会場 POST

【写真集概要】
[NAGA]
写真 津田直
テキスト 飯沢耕太郎、津田直
アートディレクション/デザイン 田中義久
発行 limArt
仕様 182mm x 220mm ページ数未定 フルカラー 図版数未定 日英バイリンガル 初版1000 部
ISBN 978-4-9907173-5-3
価格 3,000 円+税(予価)

【略歴】
飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)
写真評論家。きのこ文学研究家。1954 年、宮城県生まれ。1977 年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984 年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作1 0 0』(パイインターナショナル2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)、『写真集が時代をつくる!』(シーエムエス2014) などがある。

田中義久(たなか・よしひさ)
1980 年生まれ。2004 年武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業、2008 年独立。美術館をはじめ、コマーシャルギャラリー等の展示V.I 計画や、アーティストの作品集の装丁、デザインを手がける。作品集を手がけた作家は、川内倫子、Terri Weifenbach、DarenAlmond、ホンマタカシ、津田直、花代、Scheltens&Abbenes、SANNESANNES、herman de vries、Wim Crouwel、小山泰介、大沼茂一、丹羽良徳、山下麻衣+小林直人、平川紀道など。2014 年より武蔵野美術大学ギャラリーαM のアートディレクターに就任。主な受賞に2013 年JAGDA 賞、JAGDA 新人賞、BACON PRIZE 2013、2012 年PromaxBDA DESIGN GLOBAL EXCELLENCE AWARDS / SILVER(アメリカ)、2010 年red dot award(ドイツ)、2009 年TDCPrize Nominee work がある。また飯田竜太(彫刻家)とのアーティストユニット「Nerhol」としても活動中。
www.nerhol.com

展覧会および写真集情報 [NAGA]Press Release(PDF ファイルサイズ:1MB)
NAGA1
また、写真集『NAGA』の刊行を記念して、全国各地で[NAGA]と前作[SAMELAND]のトークイベントが開催されます。
津田はインドとの国境に近いミャンマー北西部のザガイン管区へ2度にわたり訪問しました。そこではナガ族が独自の文化形態を重んじながら暮らしています。

トークイベントのスライドショーには撮影の傍らでコンパクトカメラにて撮影された写真を上映し、写真の裏にひそむナガ族の実情を目の当たりにして感じたことや印象に残ったエピソードなどを中心に語って頂きます。

また、津田は2015年1月に前作の舞台となった[SAMELAND]に再び訪れることになりました。マイナス30℃という極寒で1日に陽が数時間しか昇らないこの季節に広がる情景は、前回訪れた太陽が一番強く差し込む夏至の頃とは様変わりしているでしょう。

【トークイベントスケジュール】
東京 [NAGA]
日時 2015年2月4日(水) 20:00-21:30 
会場 POST 定員:35名(要予約)
参加費 1,500円(ドリンク付) http://post-books.info/

静岡 [SAMELAND]
日時 2015年2月21日(土) 15:00-17:00(14時受付開始、14時半開場)
会場 KAGIYAビル4Fギャラリー
定員 40名(要予約) 
参加費 前売り1,500円、当日2,000円(コーヒー1杯付き)
住所 静岡県浜松市中区田町229-13 KAGIYAビル http://www.booksandprints.net/

名古屋 [NAGA]
日時 2015年3月4日(水) 19:30-21:00
会場 ON READING
定員 35名(要予約)
参加費 1,500円(ドリンク付)
住所 名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A http://onreading.jp/

大阪 [NAGA]
日時 2015年3月6日(金) 19:30-21:00  
会場 Calo Bookshop&Cafe 
定員 25名(要予約) 
参加費 1,500円(ドリンク付)
住所 大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5F http://www.calobookshop.com/

神戸 [SAMELAND]
日時 2015年3月7日(土) 18:00-19:30(17:30開場)  
会場 TASTE&TOUCH DECO
定員 40名(要予約)
参加費 1,500円
住所:兵庫県神戸市中央区海岸通1-2-10 http://tasteandtouch.jp/deco/top.html

大阪 [SAMELAND]
日時 2015年3月8日(日) 17:00-18:30  
対談 赤阪友昭(写真家 / photo gallery Sai主宰)
会場 photo gallery Sai
定員 35名(要予約) 
参加費 1,800円
住所 大阪市福島区鷺洲2-7-19 http://photo-sai.com

広島 [NAGA] 
日時 2015年3月11日(水) 19:30-21:00(19:00より受付) 
会場 コワーキングスペースShakeHands 
定員 80名(要予約) 
参加費 1,500円(ドリンク付)
住所 広島市中区紙屋町1-4-5ウィニーズ紙屋町 3F http://www.shakehands.jp/

NAGA2旅から帰って間もない時期に、作家本人から現地の様子を聞けるよい機会です。お誘い合わせのうえご参加ください。

by MILBOOKS

2015.01.27 │ Exhibition

図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい2



2014年も島根県隠岐西ノ島にある元・美田小学校の図書室で本をテーマにした展示企画「図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい2」が開催されます。

2011年3月に閉校した美田小学校は、制度としては137年(明治7年)、現校舎としては86年(大正14年)の歴史を持つ場所。

「図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい2」は、島根県下でも最も古いこの校舎を地域の新たな文化的プラットホームとして再生させようというプロジェクトのひとつとして企画されたものです。
図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい2
2013年に開催され好評だった「ほんのてんらんかい」、あの大きなコタツが帰ってきます。この展覧会は、本をきっかけに多くの方々が交流を深めると共に、西ノ島の地にしっくりくる「本がある場」を利用するみなさんと一緒に育てることをねらいとしています。今回はおすすめ頂いた本を購入し昨年の本と合わせて展示します。おすすめは1人1冊で必ずコメントがついています。1冊に込められた推薦者それぞれの思いを一緒にご覧下さい。また会期にあわせて気軽に参加頂けるイベントも行います。さあ、図書室の扉をくぐってみませんか。

会期 2014年2月6日(木)-2014年2月11日(火・祝)
時間 平日 17時〜21時、土日祝 10時〜17時
会場 元・美田小学校 2F 図書室
住所 島根県隠岐郡西ノ島町美田・小向地区
主催 隠岐ア一トトライアル実行委置会
共催 西ノ島町
協力 西ノ島町観光協会、図書クラブ「来☆ぶらり」
イラスト まの悠
ディレクション 岡田毅志、田島史朗
お問い合せ:09090614055(松浦道仁)/oki.art.try@gmail.com
資料 20140115.pdf(610KB)
今年は会期中に開催される「本のなんでも相談コーナー」で参加しています。




by MILBOOKS

2014.01.27 │ Exhibition

図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい



島根県隠岐西ノ島にある元・美田小学校の図書室で「ほん」をテーマにした展示企画が開催されます。

2011年3月に閉校した美田小学校は、制度としては137年(明治7年)、現校舎としては86年(大正14年)の歴史を持つ場所。

島根県下でも最も古いこの校舎を地域の新たな施設として活用させようというプロジェクトの今回の企画に島外出品の仲介役(ハブさん)として声かけをさせていただいております。
図書室の特別な時間 ほんのてんらんかい

期間 2013年1月12(土)、13(日)、14(月・祝)、19(土)、20(日)、26(土)、27(日)
会場 元・美田小学校図書室
住所 島根県隠岐郡西ノ島町美田・小向地区
時間 10:00-16:00
主催 隠岐ア一トトライアル実行委置会図書クラブ「来ぶらり」共催
協力 西ノ島町、西ノ島町観光協会、島根県立隠岐島前高校、だるまや商店
助成 ふるさと島根定住財団
ア一トディレクション 岡田毅志 田島史朗
問い合わせ 09090614055(松浦道仁)
資料 20121208.pdf(1.6MB)




by MILBOOKS

2013.01.12 │ Exhibition

Tsuda Nao: Storm Last Night / Earth Rain House


先日久しぶりに新作や近況など、しばらく言葉を交わしたのですが、会場からチラシをお送りいただいたのでご紹介します。
本展では写真家・津田直が近年訪れているヨーロッパ最西端の地域で撮影された二つのシリーズより作品を発表致します。2009年より風景が信仰の対象だった古代の土地を求め、大西洋に浮かぶ島嶼への旅は始まりました。

「Storm Last Night」シリーズでは、6×17インチというパノラマフォーマットで撮影され、アイルランドを舞台にディングル半島からアラン諸島、実在した女海賊が暮らしていたというクレア島、ドネゴール地方を中心にフィールドワークが続きました。日々、「古代人は何を思想したか」という問いを胸に抱きながら、古代遺跡の中を歩き回り、キリスト教以前の世界の原点を渡り歩きました。

続けて2012 年から制作された新作「Earth Rain House」シリーズでは、スコットランド北方に浮かぶオークニー諸島、シェトランド諸島、アウター・ヘブリディーズ諸島と呼ばれるアウターアイランズを巡りました。そして先住民族の残した聖跡を経て、無文字文化に生きた人々が築いた住居跡や嵐の過ぎ去った後に偶然発見されたという家々、人間がかつて暮らした島々へと辿り着きました。

そこでの光景を津田は、「まるで人類の記憶の深奥を垣間見ているようだった。そして僕らは今でも遙か5000年という時空を超え、旅立つことができるのだ」と語っています。(CANONプレスリリースより)

津田直「Storm Last Night / Earth Rain House」
会期 2012年8月20日(月)〜9月25日(火)
会場 キヤノンギャラリー S (品川)
住所 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 1F
時間 10:00-17:30
休館 ※日曜、祝日
電話 03-6719-9021
URL http://cweb.canon.jp/gallery/archive/tsuda-earthrainhouse/

アーティストトーク
内容 フィールドワークを続ける作家、津田直氏の制作時のエピソードなどを交えたアーティストトークを開催します。
日時 2012年9月8日(土)13:30-15:00
会場 キヤノン S タワー3階 キヤノンホール S
定員 先着150名
料金 無料
申込 http://canon.jp/event/ よりお申し込み下さい。
締切 9月6日(木)まで/先着150名

津田直(つだなお)プロフィール
1976年神戸生まれ。ファインダーを通じて古代より綿々とつづく人と自然との関わりを翻訳しつづけている写真家。2001年より国内外で多数の展覧会を中心に活動。その静謐な作品への評価は、年を追うごとに国内外で高まり、近年ではニューヨーク、パリ、フランクフルトでも展覧会を開催。国内では資生堂ギャラリーで開催した個展が話題となった。2010年、芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)受賞。作品集に『漕』(主水書房 2007年)、『SMOKE LINE』(赤々舎 2008年)、『近づく Coming Closer』(AKAAKA+ hiromiyoshii 2009年)、『Storm Last Night』(赤々舎 2010年)などがある。公式ホームページ http://www.tsudanao.com/
移転後は展覧会を見る機会が少なくなるかもしれませんが、お知らせいただいた企画の中から、気になるものは引き続きご紹介していきたいと思います。

by MILBOOKS

2012.08.09 │ Exhibition

橋本雅也|殻のない種



彫刻家橋本雅也氏の制作手記などを含めた作品集『殻のない種』の出版を記念した展覧会/東京展のお知らせをいただきました。以下、案内より引用。
橋本雅也|殻のない種

このたび橋本雅也の作品集「殻のない種」の出版を記念いたしまして展覧会を開催致します。

橋本が手掛ける作品は動物の角や骨から精巧に削りだされた彫刻作品です。
これまでの作業を振り返り、自身が用いている角や骨といった
かつて命であった物たちを見つめ直すという動機の元、近年作品制作に取り組んできました。

とある冬山の狩りで得た一頭の鹿。
その鹿が残した骨は出来る限り使用されて、
今回展示される花々として生まれ変わっています。

橋本が素材と対話を重ねてきた結果として静かに咲く花達。
この機会に是非沢山の方々にご覧いただければ幸いです。

会期 2012年7月7日(土)〜7月25日(水)
時間 11:00-18:00
会場 London gallery shirogane Art Complex/ロンドンギャラリー(白金)
住所 〒108-0072 東京都港区白金3-1-15 白金アートコンプレックス4F
電話 03-6459-3308
休廊 日・月・祝 ※7月12日(臨時休廊)

関連企画
いけばな展示 7月7日(土)展覧会オープンに際しまして、華道家片桐功敦(花道みささぎ流家元)による、いけばなが展示に加わります。

作品集『殻のない種』
2012年4月刊行
著者 橋本雅也
発行 主水書房 
造本 ハードカバー 40頁 A4変形
定価 4,200円(税込)

橋本雅也プロフィール 彫刻家 岐阜県高山市生まれ。2000年、インドの旅の途上で一本の流木を手にしたことがきっかけとなり、以後独学で彫刻の技術を学ぶ。世界各国で収集した様々な素材で作品を創作する過程で、独自の素材との対話方法を確立してゆく。
2007年、無住の寺に生活と創作の場を移したことを機に、橋本のまなざしは、素材がかつて命であった時間へと遡ってゆく。うつろう時の中で刻々と姿を変える命の輪郭を見つめ、その輝きを捉えようとする姿勢は、精緻に作り上げられた作品の中に見て取ることが出来る。
2011年、大阪・主水書房にて初個展「殻のない種から」を開催。

by MILBOOKS

2012.07.01 │ Exhibition

夏百歩 福田十糸子 PAPER WORKS



造型作家・福田十糸子さんから個展のお知らせです。目の前で評されるというのはされてそうでなかなかない企画かもしれませんね。ご本人も楽しみにされている様子。
夏百歩 福田十糸子 PAPER WORKS
会 期 2012年7月16日(月・祝)〜7月28日(土) 
会 場 Gallery AMI & KANOKO
住 所 〒5420074 大阪市中央区千日前1-2-6
時 間 12:00-19:00(土曜日は16:00まで)
休 廊 日曜日

評論を書くことを考えてみる会 第六回
日 時 2012年7月28日(土)14:00-
作家の作品と作家の前で、作品を言葉にして「評論を書くこと」を考えてみたいと思います。作品を「見る」「鑑賞する」ことは非常に難しいことです。それを言葉にすることは、もっと骨の折れる仕事です。言葉の力を借りてもっと深く作品鑑賞ができればと思います。皆様と一緒にそのことを考えて行きたいと思います。※今回より申し込み制とさせていただきます。
申込み yukiko@ami-kanoko.com
参加費 大人1000円/学生300円
共 催 大阪大学文学部内上倉研究室(美学)・三宅研究室(アート・メディア論)

by MILBOOKS

2012.06.15 │ Exhibition