「統合する力へ アートと学びの場の未来」


2014年春に10周年を迎える大阪のCalo Bookshop & Cafeさんの記念シンポジウムが発表されました。詳細はこれからみたいですが、追加情報がでたらこちらでも随時お知らせしていきます。ご予約方法など情報追加しました。
Calo Bookshop & Cafe10周年記念シンポジウム
「統合する力へ アートと学びの場の未来」
畠山直哉(写真家)・港千尋(写真家)・伊藤俊治(美術史家)

Calo Bookshop & Cafeは、2014年春で10周年を迎えます。10周年の特別企画として、写真家の畠山直哉氏、港千尋氏と、美術史家の伊藤俊治氏をお迎えして、写真ほかメディア激動の状況を踏まえつつ、今後のヴィジョンをお話しいただく講演会を開催します。
畠山直哉氏はベネチアビエンナーレの日本館に美術・建築で2回の参加、港千尋氏は同じくベネチアビエンナーレ日本館のコミッショナーを務めるなど、今や日本のアート界のトップランナーです。伊藤俊治氏は、東京写真美術館運営委員、NTTインターコミュニケーションセンターのコミッティを務め、東京藝術大学では先端芸術表現科の新設と、常に新しい芸術表現の振興に尽力されてきました。
世界を飛びまわり、現在進行形でアートについて思考を重ねる3人が、大阪にて一堂に会しお話いただく貴重な機会、ぜひお集まりください。


日時:2014年3月15日(土) 講演13:30〜16:00 懇親会16:30〜18:30

13:30〜
畠山直哉氏・港千尋氏対談「物質と記憶 -写真がつなげる世界-」

15:00〜
伊藤俊治氏講演「いかにしてともに生き、ともに学ぶか バウハウスからTAZ、そして“コミュニタス”へ」

16:30〜
懇親会 お飲み物と軽食をご用意します。ぜひ講演に引き続きご参加ください。

会場:芝川ビル4F・モダンテラス 大阪市中央区伏見町3-3-3
地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅11号出口より徒歩1分

参加費:講演・懇親会通し券 6000円(前売のみ・1月中旬より受付)
講演のみ 3000円(2月中旬より受付)/ 懇親会のみ 3500円

ご予約:info@calobookshop.comまでお申し込みの方全員の氏名、お申し込み区分(通し/懇親会)と代表の方のお電話番号をお知らせください。折り返しお支払方法などをご連絡いたします。Calo店頭でも受付いたします。

講演のみご参加の方は、2月中旬より受付いたします。通し券の受付状況によっては、講演のみの受付ができない場合がございますのでご了承くださいませ。

主催:Calo Bookshop & Cafe ・「記憶の学校」実行委員会
協力:百又(株) SHADOW TIMES MILBOOKS

by MILBOOKS

2014.02.12 │ Talk